結婚について

結婚について

結婚

結婚とは男女が夫婦になる事を指します。通過儀礼の1つであると言われ、出生、成人の後に来るものだとされていますが、日本の法律上は、男性18歳、女性16歳で(親の同意があれば)結婚可能となるので、必ずしも成人の後に来るということはありません。しかし、一般的には20歳の成人を超えてからのことが多いことや、日本の武家社会では、(数え年で)15歳に成人の儀式とされる元服があったためではないでしょうか。

近年、婚活という言葉を多く耳にするようになりましたよね。婚活とは結婚活動の略で結婚に向けて相手を探したり、自分磨きをすることです。最近では日本国内のみならず、海外の方との出会いを求めて結婚活動をしている人もいるほどです。これにはちょっと驚きました。ちなみに、婚活の反対は離活だそうです。

それはさておき、結婚をするとなると、プロポーズをします。「昔は男性からするもの」とされていましたが、現在ではそうとも言い切れなくなっていますが、男性からのプロポーズが一般的です。女性も自分から言うよりは相手からの方がうれしいのではないでしょうか。

しかし、現在では女性の社会進出も増えたため、結婚する機会が減っています。特に会社の中には圧迫面接で、「結婚しても仕事できるの?」と聞いてくることもあります(女性だけに聞くのはセクハラですよ)。そのため、非婚・晩婚化が増えています。

出会い・結婚を応援するサイトも多数あります。怪しいサイトには注意して下さいね。

婚約指輪

結婚する前のプロポーズで、婚約指輪を渡す男性もいるでしょう。婚約指輪は正式には「エンゲージメントリング」と言われます。男性から女性に贈られるものとして、古代ローマ人が始めたと言われています。当時は「シグニットリング」と呼ばれ、このリングを渡されることには、「家事全般を取り仕切る権利を与える」という意味が込められていました。

婚約指輪は主に左手の薬指にはめられていることが多いですが、左手の薬指は愛情の証とされています。また、結納時に贈られるという習慣も、結納自体が略式化されてきているので、最近では当人同士の間で、婚約を発表したときに贈るようです。婚約指輪と言えば、ダイヤモンドを思い浮かべるようになっていますが、もちろん、これでなくてはいけないと言う決まりがあるわけではありません。

ダイヤモンドが選ばれる理由には、「もっとも固い石=固い意思(絆)で結ばれる」、「無色透明=純真無垢」であることがあげられますが、ダイヤモンドでなくても、相手の誕生石や、その家に代々伝わる指輪が贈られることも珍しくありません。また、婚約指輪は結婚するまでで、結婚後はめったにつけないというイメージがあるそうです。そのため、最近では、結婚後もつけられるようにと、指輪以外にもネックレスや時計を送ることも多いようです。

結婚指輪

結婚指輪は昔ヨーロッパで、結婚式のときの宗教的な儀式に用いられていたようです。指輪の内側には、花婿と花嫁のイニシャルや、結婚式の日付、また記念のメッセージなどを刻み込むことが多かったようです。

指輪交換は欧米ではすでに定着していましたが、日本では結構最近で、戦後に広まりました。伝統的な神前結婚式においても、誓詞奏上の後に花婿が花嫁の左手の薬指にはめる行事が一般的になっています。また教会結婚式においては、新郎新婦が誓いの言葉を交わしたあとで、司祭を通して花婿から花嫁へ、花嫁から花婿へと指にはめます。

婚約指輪、結婚指輪は結婚するのであれば準備する必要があるといえるでしょう。

ですが、最近は仕事柄婚約、または結婚指輪ができない方もたくさんいらっしゃるそうで、そういった方達はネックレスに吊るしたり、指輪ではないものを結婚や婚約の証とするそうです。

このように、現代では結婚指輪の形も様々となっていますので、満足する結婚式の為にも、十分に勉強し、自分にぴったりの結婚指輪を見つけてください。

pickup

お2人の想いのこもった世界でひとつの手作り指輪が完成!

木目金の結婚指輪製作

もらって嬉しい山形の蕎麦の通販はお任せください。安達製麺のそば通ドットコムの花笠蕎麦・年越しそば・冷たい肉そばレシピが人気です。

そばの通販

古本の買取ならコチラ

こちらの青山の美容室では、ヘアスタイルだけではなく、頭皮、髪の毛のケアにも力をそそいでいます。

青山 美容室

ノベルティや記念品にぴったりなグッズ

トップ
国内結婚
結婚前へ
結婚式前
結婚式直前へ
国際結婚
国内挙式へ
国外挙式へ
疑問へ
その他
結納についてへ
サイトマップへ